FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

自治体の不祥事は国政にならったもの?


国会の柳瀬氏の野党の質問があった。
またしても多くの国民不在の裏に、政治の策略があった気がする。
「安倍総理の軽はずみな政治運営」があり、良い事も多いのに、自分の仲間に妻の活動の為に、政治・官僚を動かしての行動が、この事件の本質だと私は思っている。
佐川氏の国会発言が、結果的には「総理を守る」との、嘘のでっち上げだという事が解った。多くの各省庁の官僚の書類が出てきている。(これは安倍総理への氾濫)。一人の総理を守る事は、嘘に嘘を重ねないと収集が付かなくなる。こんな事は長く生きていれば判るのだが、政治の権力を持つと、目の前が見えなくなってくるのか、それとも今の力なら何とでもなるとの判断なのか。
日本の知能の中枢の優秀な官僚たちよ、自分で立って欲しい。政治家と対等であって欲しいが、これで均衡が取れるかというと、また、暴走する。頭の良い人間が正義を重んじ、日本の公僕として働いて欲しいと願うばかりだ。

我が町の首長と安倍総理とはよく似ているように思う。町の各団体とのトップとの硬い絆で、行政に気を使い、町のすることに習い、団体の事業にあたっているように思う。それは多くの国からの資金が、団体に流れている事が、その根底にある。私がある情報を掴んだとき、ブログでその事を書いた時に、団体の長は「削除してください」と連絡をくれた。たかが40前後の発信の読者、その予算の根回しは関係する人たちは皆が知っている。
誰か一人に気遣いなから、町の経済が動いているなんて、あり得なく被災地の再建で、大きなマイナスとなっている事が、なぜ解らないのか。昔の町の指導者は何も語らず、語れば身内に害が及ぶ? こんな事では町は変わらない。変わる必要がないと言っているかのようだ。国と町は実に良く似ている。

スポンサーサイト
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター