「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

議会とは町民の立場に立ち その目線で

南三陸町の「防災庁舎保存問題」を思い出す。一度は「解体」から、再度の町の保存提案に「保存」との、4年前の新議員構成での議会判断が覆せるなら、昨年の議会の改選での新議員での、再再度の「保存の賛否」を問える事となる。議会の決定はそんなにも軽い物かと、議会の決定の意義を考えさせられる。

180509_182014.jpg
村井知事の上告の「専決処分」とし、県議会に掛けない政治判断があった。
村井知事の議会での発言の「やむを得なかった」が被災者関係者に反感を買う事となった。教員の判断・避難行動が議論されている中で、「やむを得なかった」は知事の上告者の発言としては気配りが欠如している。後で訂正し謝罪はしたものの、長期の政治の立場による「おごり」が、この発言には繋がっていないだろうか。私は知事の考えを言うべきで、石巻の判断にならうは、知事として「大川小問題」の全国的な関心がある中で、その上告判断の理由なく同じでは、県民の理解など得られない。再度、決定理由を述べるべきと思う。
長期政権の維持の弊害と私は感じる。中立の立場で校正公平な政治判断が、首長には求められている。安倍政治の続行の弊害がこんな所にも見え隠れする。県議会でも議論すべきだったと思う。これが県議員の投票判断にも県民の参考となったはすだが。

180509_181916.jpg
大川小学校の73人の死の仙台高裁の、市と県への約14億の賠償命令に、「上告」との市議会判断となった。4人議員が市の上告の提案に、以前の判断を覆し「16対12」で市の議会で上告判断となった。
全議員の賛否の理由が述べられた。「今後の自然災害に対する自治体のガイドラインとして、司法判断として最高裁で判断すべき」「遺族の裁判の継続の苦しさ」など独自の持論が述べられた。反対側は亡くなった子供達と家族の辛さを、もう終わりにとの強い思いがあっただろう。

スポンサーサイト
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター