FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

南三陸町の町民の皆様に情報発信「マイタウン70号」


70号29年11月志津川記事1

◆南三陸町歌津石泉の小野弘喜さん(70)が、調停委員功績で秋の叙勲「藍綬褒章」に輝いた。小野さんは歌津中学校PTA会長、旧歌津町の民生委員、石泉地区長を務めた。旧歌津町の佐藤榮太郎元町長の時代に調停員になった。
◆台風21号の南三陸町の水産関係の被害が9300万円以上になった。被害は養殖施設・水産物・漁船があり、その他にも水尻川・八幡川の河川のサケ捕獲施設が被災した。
◆志津川高校では町民を対象とした「パソコン教室」が開かれ、住民13人が参加し年賀状作りに挑戦した。
◆南三陸町で2月からサケ放流事業のサケの捕獲作業が台風22号の影響で、前年より12日遅れで八幡川での開始となった。捕獲数は13匹と昨年の1割にとどまった。

◎県の文化の日に表彰
 ■三浦清人氏(63)…地方自治功労。1987年4月に旧歌津町で議員に当選。南三陸町議となり、8期30年町政発展に努力した。
 ■遠藤勝彦氏(64)…調査統計功労。20代で統計調査員となり、事業所や企業の統計調査を皮切りに国勢調査や漁業センサス、商業統計調査に携わった。
 ■佐藤久一郎氏(68)…産業功労。1992年に旧志津川の森林組合理事となり2010年には南三陸町森林組合長に就任。
 ■高野剛氏(59)…産業功労。県生コンクリート協会組合理事長を6年間、気仙沼地区生コンクリート協同組合理事長となり、震災復興に尽力した。
 ■高橋忠雄氏(64)…消防功労。1982年から旧歌津町消防団に入り、南三陸町消防団第9分団副分団長となる。2015年から同分団長を経て現職。


志津川2

◆南三陸町で長年にわたり、行政・福祉・防災などに尽力した8名を功労表彰した。
◆5日「津波防災の日」に南三陸町で総合防災訓練が開催された。ハマーレ歌津では、歌津中の生徒が観光客役として参加した。
◆南三陸町を台南市の張政源市長が訪れ、復興へ末永い交流を誓った。
◆気仙沼市のリアス・アーク美術館による「リアス・ジュニア絵画コンクール」で、志津川小2年の千葉萌々夏さんの作品が大賞に輝いた。
◆友好都市の山形県庄内町の住民が、町民の交流スペース「マチドマ」で、お茶を振る舞い、心を和ませた。
◆2018年度高校入学志願状況(第1回予備調査)、志高(普通80人)0.51、(情報ビジネス40人)0.28の倍率となった。
◆志津川の防災パレードで「あさひ幼稚園」の36人の園児による、鼓笛演奏で出発式をおこなった。
◆10日、南三陸警察員の8人が、戸倉地区で不明者(211人)の捜索をおこなった。
◆志津川高校で防災クラブ任命式が行われ、活動を重ね将来のリーダーとして期待。

 南三陸町の町長・町議選の収支報告が公表された。佐藤仁氏は120万円、阿部寛行氏は36万8千円だった。町議では、1日だけでの平均支出額は29万円となり、最高額は佐藤雄一氏の56万円で最低額は今野雄紀氏の3万円だった。公職選挙法による有権者に応じ、町長は約257万円で町議は約171万円が上限だった。

◆南三陸町小学生ビニールバレー大会結果。男子①志小おっとっと②戸小キングオフビクトリー、女子①伊小っこ②志小8人の小悪魔。
◆漁業に就職を希望する人達を集めた研修会が南三陸町をメーン会場に開催された。13日から5日間5人の参加者が、地元漁業者の話や漁業体験をとおして、漁業の楽しさや魅力を学んだ。漁業の担い手の発掘をねらう事業としての取り組み。

志津川3

◆16日志津川町内の男性(55)が、町内の神社から賽銭350円を盗み逮捕。
◆南三陸町では16日から、高台移転団地の69区画の空き地を、一般開放で募集する。空き地の多いのは、戸倉20戸・志津川15戸となっている。平均100坪の土地の価格は、185万円から780万円となっている。
◆入谷山の神平自主防災組織が万一に備え、土砂災害などを想定し防災マップ作成に取り組んでいる。
◆南三陸海岸IC―歌津IC間の4.2kの供用開始を12月9日と国交省が正式発表。
◆県の原子力防災訓練が23日に行われ、検査ポイントでの車両の放射線検査訓練などが実施された。
◆南三陸町の佐藤町長は志津川高校で「感謝の気持ちを忘れずに」と講話を行なった。
◆南三陸町仮設さんさん商店街にあったモアイ像、廻館前から本設となった商店街の五日町に2020年度まで一時移設する。
◆南三陸町の男性(23)が有料サイトの利用料未納を語る特殊詐欺の被害にあい、電子マネー40万円をだまし取られる。
◆南三陸町のサケの自河川の採卵へ12月上旬から海産親魚の確保を図る。今季の八幡川・水尻川の捕獲数は658匹、採卵数は45万4千粒と、震災後最低となっている。
◆28日仙台での世界防災フォーラムの参加者22人が南三陸町を訪れた。タイや台湾、中国、イラン、ドイツ、アメリカなどの防災担当者が来町した。

スポンサーサイト
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター