FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

佐藤町長の町の合併と復興計画を問う

2011-05-07 16.05.25

12月定例会の質問≫ 12月6日開催

質問相手は 佐藤仁町長
質問事項は 南三陸町の合併・震災復興の検証による新町造りを問う
①  旧志津川町と旧歌津町の両議会の決定である「新庁舎建設」を、なぜ新町の初代町長として実現させなかったのか。
②  一次避難から二次避難、そして仮設への被災住民の住まいの確保への町の計画の中で、志津川地区での町長の「一日も早く!」の説明は、仮設の建設、高台への「終の棲家」の移転の6年8か月の経過は、町長の計画とおりだったのか。「遅い!」との町民の指摘に、その最大の理由と、遅延となった事での町民の損失をどう考えているのか。
③  災害公営住宅の5年間の家賃の軽減策は、激甚災害の制度活用の元で、10年の「復興計画」の途上にあり、千年に一度の大災害の復興期間を考えても、10年間の延長を県と国へ働き掛ける事を、町民の代表である町長は、陳情活動などを実施したのか。「国の制度なので変えられない」と、県知事の発言もあるが、町長も同じ考えか。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター