FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

商店街の乱立は町の復興に繋がるのか


現在スーパー建設が進み、薬王堂・ホームセンターの3店舗に、2店舗の出店募集に、「幸楽苑」のラーメンチェーン店の出店が決まり、従業員募集のチラシが回った。その他に大手外食チェーン店が出来るとの噂も町にある。
従業員が集まらないスーパーがあり、事業再建の地元の飲食店が、やっと新設し商売を始めたのに、この時期の大手飲食チェーン店の進出は、地元事業所の経営圧迫の何物でもない。建設許可に自由なのだろうか? 大規模店舗出店には以前規制があるようにも聞いたが。被災地の再建にあたり、町づくり計画の中で町はやりたい放題の税収確保へ、舵を切ったとしか思えない。
志津川・歌津の商店街の来場者への影響はないのだろうか。三陸道のストロー現象で、来町者の減少の中で、こうした多くの店舗が出店する事が、果たして南三陸町の将来に繋がるか疑問だ。

町は税収の獲得にやっきとなっている。これは町づくりの失敗の予兆であり、行政職員の自分達の保身ではないだろうか。その問題をこんな形で進めようとしているのが、行政のトップである。

スポンサーサイト

何故こんなにも町民が町を捨てたのか


国の政治と同等に見えてしまう、南三陸町の政治がある。町民の選択した議員による、「議員内閣政治」は、選ばれ人と選んだ人の責任の重さの中にある。親戚・縁者・知人の多い、町長・議員しかなれない今の町の内情がある。若者は勿論、政治には興味を示さず成り手も居ない。無競争の中での11月の町長・議員選挙を前に、立候補者の名前が出ていない

3月の町の定例議会では、与党の佐藤氏が町長の11月選挙の考えをただし、6月ではいつもの菅原氏が、町長への今後の町政への考えを聞いた。共に町長派のトップと私は感じている。「もたれ合い」「なれ合い」で、町民を見ずに議会対策に終始するトップの姿勢を、誰も意義や反発を言わず語らずの町になってしまった。町長は「途中で投げ出す事は出来ない。」「震災復興まで後4年、復興への歩みを辞める事は出来ない。」がその理由だ。議会の大切な時間をこんな事に使う議会の体制にも問題がある気がする。
下種な話だが、町長の報酬は一年で約1500万円、15年で約2億円となる。一期ごとに2千万を手にすると、1億近い退職金がでる。自分への報酬で何か町の為に使っているだろうか。これまでの町長は財産家も多く、色々な形で町への奉仕をしている。
町会議員も長期の5~6期の議員が我が町には多い。一年間で約300万円は20年だと6千万となる。高いか安いかは議員の活動の在り方にも寄る。

仙台市長選・都議選と、国民の東京の一票が試される時が来た。東京都は全国からの国民が集まり、縁故による選挙が無く、ここは党派の国民投票が顕著に現れると言われ、この結果が私は楽しみだ。仙台市も県内から多くの人が集まる100万人都市、この与野党の対決も楽しみである。選挙は見る側が楽でイイ!

私にとっての政治


日本維新の会の橋下代表が政治改革で、弁護士から国政に打って出た時の、彼の政治姿勢に感銘し、政治対する意識が変わった。
しかし、現在の維新の会はどうだろう、「みんな党」が維新に入り、江田氏・下地氏・浅尾氏・馬場氏などの発言は、多くの法案提出と是々非々で我々の政治を貫くと言いながら、隠れ与党的な存在にしか見られない。多くの与野党の議論の番組で、与党にすり寄り、野党側で議論に参加している光景は、滑稽で納得がいかない。
もはや「日本維新」への指示は私には無く、前回の衆院選挙でも前代表の橋下氏に応援したが、もう今となっては批判しかない。橋下代表も特別代表から退き、顧問弁護士は続けて行くと言う。世直し新政党は次々と崩壊し、分裂し「強い者にまかれる」と言った、政治の構図がまかり通っている。

正義は何処にあるのだろうか。私とて100%正義感があるとは言えないが、人に嘘はついてはいない。人として道徳を守り今後も生きて行く。

国会の安倍総理の答弁の威圧を見なくて良くなった。答弁で少しのヤジでも発言を止め、この声の先をにらむ。そして同じことを長々と答え、大臣・官僚も時間の消化で、同じ事と余計な説明に終始し、議論が煮詰まりにくい国会の劇場は、本当に国民の事を思っているのかと感じた。質問者の時間の削減対策で、総理の疑惑への追及を妨げた。自由党の森ゆうこ氏の質問が強く印象に残る国会だった。従業員には事務所での「国会放送」を聴く事に、嫌な顔を見ずにすむ。ヤジで質問者の時間を無駄に使うな! 国民の血税で貴方達は政治で、国民の代表して恥じない行動をとれ! 内閣府の政務次官のあの態度も許せない! 私は現在孤立しているが、これが自分の生き方である。

6月議会定例会で


私が落選した4年前に、菅原議員が一般質問で「町長は次期選挙への出場の考えは?」と質問していた。そして、6月定例議会で菅原議員の同等の質問で、町長は出馬を表明した。正に「劇場」と私は感じた。
町長と菅原議員の関係は、「もたれ合い?」と言う物と私は認識している。まだ地方議会はこんな事が行われている。総括質問が「一問一答」となり90分に変更となり、90分目いっぱい質問したら、ある議員に「のぶたか、バカヤロウ!」が今も現職の議員に発せられた。「議員辞職勧告」への書類も当時の議長に出す一歩前で、信頼する先輩議員に説得されてやめた。
大震災で支持者が多く亡くなり、町外へ去って行った。そんな中で選挙後に、「千葉に入れるな!」と言っていたと、ある人に教えられた。自治会長?…。そんな中で10月の選挙に、現職町長が南三陸町となり4期目に立候補を表明した。

住民の震災復興よりも、町の維持よりも、政治体制の維持に姿勢を傾注するような、現在の町政活動と私は感じている。傍聴席には新聞記者ばかりが記事取りの傍聴をしている。防災無線は空しく「議会の傍聴を!」と放送している。
国政と同じような、与党の3分の2を占める「南三陸町議会」がある。被災者の住宅再建での「家賃の未請求」など、町づくりの混乱の中で、発言の誘導的な現職への質問が、2期も続き同じ議員がする、その滑稽さは議会の体を成してなく、現状を露呈している。

ずる賢い自治体


11日付の河北新報を見て驚いている。私自身は町の人口の行政の数に異論を唱え続けていた。町では、議会では何の異論もないままで、2015年の国勢調査の数に対し、今回の人口シンポジュームでの発表の結果に対し「想定外」と専門家は話す。
人口減少が続く南三陸町の人口把握は特段変である。2015の町の推計で15436人が、2015年の国勢調査では12370人と、3066人の乖離がある。その差は「19.86%」ながら、気仙沼市を見ると65804人の人口で、国勢調査の差は「816人」で1.24%の誤差である。人口の過剰な国への報告は、町民一人当たりの国からの交付金の詐取とはならないだろう。
混乱や想定外などの中で町民は、耐えながらつつましく町で生活しているのに、行政は将来の人口の減少の中でも、大きな庁舎建設を図り、県の被災自治体でトップに庁舎再建を7月には果たす。町の広報の4月末の人口の「13174人」など、到底信じる事は私にはできない。

何処にそんな財源のゆとりがあるのだろう。政府の被災自治体の人口の把握もままならない中を良い事に、被災した住民の動向を、確実な数を掴めない状況下で、7年目を迎え今でも正確な数を把握できないのは、誰が考えてもおかしい。真面目に生きる住民と、被災地の自治体である事を理由に、「しょうがない!」
「確認できない!」など、そんな体制の町に将来をまかせられるだろうか。長期政権の「おごり」「ゆるみ」が、危機感の欠如を生んでいるように思う。

仙台市の人口は推計よりも28321人が多い。被災した海岸線の住民が宮城県の仙台市の大都市に流れている。この数を比較すると、人口の乖離分が仙台市に流れている事は、この表からも解る。震災で町の商工中心の観光立町の構想を描く首長の思惑通りで、町の再建が進められているが、これで本当に南三陸町が生き残れるだろうか? 町民・職員・商工会も真剣に議論し考えないと、いけない時期はもうとっくに過ぎている。

日本も世界も闇の中

24年
毎週のように北朝鮮の大陸弾道弾の発射と、トランプ大統領の保護主義の強硬な政策連発と、プーチン大統領と中国の同等の政策の中で、「パリ協定」の二酸化炭素・フロンガス削減の大国の離脱と、軍備拡張を進め、「世界平和」への世界が一つは無理だろう。国内を見ても怪しい政府の動きがあり、政府・官僚の自分の身を守る為に、国民への政治の省庁の公的文書の非開示は、個人情報の理由づけや総理を守る為の国会に明け暮れている。国民の自民への指示が極端に変わらない事にいらだち、民進党の野党への信頼は震災後の対応と、鳩山氏の奇行で野党の国民信任は難しく、その責任の重さを感じる。来年の選挙でも自民の第一党は続くだろう。

日曜討論の自民党の政務調査会長代理? の北朝鮮からのミサイル防御は難しく、発射する前に相手国の発射前のミサイルを破壊する。こんな提案をしていた。加計学園の獣医学科の腱設は、「たまたま総理の知人が加計さんだった。」と言い始めている。たるみ・おごりばかりを感じる今の、与党一局独裁政治に国民の安定はあるだろうが、格差が広がる政治家の横行がまかり通る社会で
内閣府の官僚が加計学園の理事に就任し、内閣府の担当官は「総理の意向」「総理は言えない」など、強権政権の総理の考えが、全てまかり通っている。菅官房長官の発言も、個人攻撃となり調査はしないと、信頼できていた菅さんも総理の思惑を守るような発言に変わった。「黒を白とは言えない」「公平校正が歪められている」と文科省の元トップは言う。前川氏の天下りの責任を取り辞職しながらも、8千万円の退職金をもらっていた事にもビックリだ。前川氏の家系から言えば、大財閥の家系で何も怖いものもないたらの、内部告発だったと思う。生活困窮女性の調査と言うクラブ通い、おかしいと思うが彼には疾しさは無いと思う。接客した女性も親身になり私の事を聴いてくれたと話す。「孤児で施設に引き取られ今を何とか生きている。」と話す彼女の話にも嘘は無い。嘘で固められた政治に将来は本当にあるのだろうか。
総ての問題は総理の「かかわっていたら総理・議員を辞める!」、この言葉が今の混乱の根底にある。嘘に嘘を上塗りする姿が、今の国会には垣間見れる。

生活困窮者拡大と町職員の数


昨日までの大雨から今日は「晴れのち曇り」と写真撮影日和となった。中央区の災害公営住宅「D棟」の4階から、御前下地区の風景を撮影した。「まだ義援金の住民支援はあるのですか?」と住宅居住者に聞かれたが、今の私には行政に問い合わせる事もできない。

復興には被災自治体に復興再生経費以上の交付金が流れている。住民はと言うとすずめの涙ほどの支援金で、自己の財産を切り崩し、つつましく生活を町で送っているのに!

町の災害公営住宅の家賃に不備が見つかった。家賃の請求が生活者に送られていない事の調査中に発覚した。全世帯に請求ミスがあったと言う。あまりにもずさん過ぎる行政の体質に「気のゆるみ」がトップにあるとしか思えない。専門の職員を5人配置すると言う。この報酬は町民の税金で支払われる。
「想定外」から震災復興は始まった。「亡くなった職員の為にも町の再建に頑張りたい」と町長は話した。多くの町民が亡くなった事に対し、謝罪も反省もないままで、震災復興の遅れと無駄遣い的な国民の税金を使っているように感じる。
前定例議会の中で16年目となる町長への立候補を表明している。我が町の町民は寛大な気持ちの持ち主が多く、多くの震災後の問題発生にも、後ろ向きともとれる町の再建に対しても、現職を否定する住民は少ない。長期政権に対抗馬の名前は今回は出てこない。

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター