FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

仮設生活も終わりだが不安の声も


入谷地区の2仮設を廻った。旧入谷中学校仮設は33世帯のと有るが、昨日現在で10世帯となり、来月中には5世帯が住宅再建により移転して行くと言う。岩沢仮設は18世帯ながら、昨日も引越しの入居者が引っ越し業者による、2代のトラックと共に、移転地へ向かっていた。ここも5世帯前後となり、今後の移転を不安視している住民の声も聞いた。

午後は登米市南方の仮設に向かった。震災後に一期は200世帯で、二期は150世帯の合計350世帯の、南三陸町の最大の仮設は登米市に建設となった。
現在は一期が30と二期が35世帯残っている。住宅建設の高台移転の土地の引き渡し、ハウスメーカーの順番など、未だに「終の棲家」への移転とはならないと口々に言う。福袋の支援の方達は「空室」となっていない仮設を、一軒一軒に声を掛けて回る。住人が在宅していると「ありがとう」「嬉しいです」など、感謝の言葉が掛けられた。50個の「愛の福袋」を持参したものの、まだ10個余りが残っている。
そして、帰りに津山町横山「駅裏仮設」にも寄った。ここは一期二期と合わせて23世帯が居ると言う。仕事に出ているせいか在宅で支援を渡したのは4個ぐらいだった。まだあるので民宿までの途中に「沼田1期仮設」に回り、4個を配った。できるだけ被災生活者へ福袋に手紙を添え渡した。6月末で退去すると総ての住民が言う。

会員の皆さんの暖かい声と、こんなにも多くの仮設を廻っても住人が居ない事は、復興が進んでいる事と会員皆が口を揃えて話す。今回で私も一つの支援の受け皿の活動の区切りと思っている。


スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター