「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

志津川地区の被災地も復興再建へ


東日本震災で東北地方を襲った大津波に対し、全国・世界から多くの支援を頂き、の気持ちが「恩返し」の気持ちが強くなった。。これまで国内の大災害でも、被災地への寄付などした事がない私でも、少しでもと直接熊本県庁へ、印刷組合を通した義援金、こないだも東京で集まった、「愛の福袋」の熊本のテーブルの皆さんにも、少しながら募金にプラスした。国民一丸となり被災地への支援は、東日本の災害からその気持ちが増したと思っている。

町民一丸となっては、町の職員の意識は薄いようだ。町を諦め町外に家を建て脱出する職員、被災者への心ない言葉、職員の地元事業所への支援意識低下など、余りにも「ふるさと愛」が無い行動・言葉に落胆する。若い職員も町民への感謝の気持ちが薄い。自分の力で公務員となったと鼻高々と、「町民の為にやって上げている」との勘違いしている輩も多い、公僕としてその精神を全うしているのは、5割の職員もいない気がする。そんな人間には公務員たる資格を疑問視する。
亘理町の職員の不正があり、町を離れる職員は「辞めてもらう!」との、町長の強固な発言は、町の危機感の現れと首長として当然の事だろう。

南三陸農協へ行く。震災後に福祉の里にJR南三陸の本店が建設され、三陸沿岸の農業の本店が南三陸町志津川に設置された。しかし、国の進める「農業改革」は、南三陸農協が支所となる方向へ進んでいる。
私の学んだ「志津川中学校」の登校坂が今もそのままに健在で、当時の桜もそのままに満開となっていた。今から30年前に助作の高台に中学校が、新築移転された。当時の首長の適切な判断に敬服する。この場所に中学校が移転し、震災の一時期の町民の避難所として大活躍した事は言うまでもない。12歳から学んだ3年間、現在も志中魂は健在で、この厳しい被災地の「志津川」で暮らしている。現在まで5千人も減少した。たった6年でだ。自然災害と人災が人口減の理由と思っている。人が居なくなった街の、多くの巨大な箱物が建設されている。

写真は志津川低地部に建設中の建物です。今日は我が社の土地換地の説明と、引き渡しに立ち会った。隣の土地は誰の物か判らず、広大な土地の換地者が誰なのかは今年の年末に「開示」するようだが、もう誰でも良い。我が道を邁進するだけだ。震災の風化防止と志津川字本浜町を将来に伝えたい。

スポンサーサイト

私が生まれた土地から


昨日は志津川市街地の我が社の換地場所を見て来た。さんさん商店街へは300mの場所で、BRTのバス停も隣だった。車を止めて新しく生まれ変わる町を、何時でも駐車場を考える事無く、ゆっくり町の変化と市街地の移り変わりを観察できる。
この場所を何に利用するか考えている。60坪と猫の額のような土地、この場所で60年間生きて来た「証」を残すが、今、思う事でそれが何かはまだ霧の中である。

今日の河北新報に南三陸町に、新しい町づくりグループ「南三陸創風会2030」が発足したとあった。中心は行政の職員と、生ごみの活用の「アミタ」さんの参画だった。第一次産業の振興や多様化を目指す。一番に地域内エネルギー自給率100%とあった。集まった一回目の参加者は23人で、歌津地区の泊崎荘での開催だった。
疑って係る自分の性格から、9月の首長選挙に向けた、歌津地区の仲間を増やそうといる目論みに見えてくる。やっている事は正しいが、掲げた目標達成には、やはり人がいないとどうにもならない。人の移住が必要で、20代の若者が残り、30代の夫婦の定住と、3世代家族の60代の家庭の移住が、今の行政の最大の必要な活動と思っている。アミタさんは生ごみのリサイクルの事業や、国際認証の審査機関として、大きく行政の町の復興に寄与している。しかし、それだけで町の過疎化のストップとはならない。
行政がもっと町民と将来の為に、町民に人口減の諸問題について、町民に頭を下げ理解を求め、正に町民と共に新南三陸町の再建に動くしかない。いつも同じ人達が活動するだけでは町は変わらない。

富山市議選挙が昨日の投票で、政務調査費の不正取得で14人の議員が辞任した。その一人の議員が立候補を表明したが、落選となった。約44%の投票率は、あきれた政治の活動への市民の反発があり、不正に手を染めた議員への市民の判断が結果に出た。
悪政と言う政治に対し住民は真剣に結果を出す義務がある。それは将来に南三陸町の負の部分を無くし、清潔な町「南三陸町」を、未来に繋ぐためだ。町政への反発が町の離れた住民には多く、自分にとってプラスとなる住民が、町に残り、「志津川が暮らし良い」「何処に行く場所もない」など、高齢者が行き場を失い、町民が多いのも事実である。若者を町に残すと言う政策に乏しく、優良企業誘致が実現には至っていない。
トップがセールスマンとして、町の良さをもっとアピールしないと、人口は多く減少する。気仙沼市は昨年約800名の人口が減り、単純に10年で8千人が減る。6万6千人の実数は1200名の震災死で、6年で1万人が減少している。驚くべき減少率に南三陸町の危機感は、震災復興の10年が経つ頃には、建設関係者が町から移転し、ある区切りを元に人口減が加速する懸念を持っている。

国政の選挙区割りが震災により、南三陸町は6区から5区の石巻地区と一緒になる。宮城の海岸線の自治体の人口減少は、政治へも多くの影響を及ぼす事となる。

今年9月の選挙運動は始まっている。

今年の9月に町長・議員選挙の、選挙違反撲滅へ!

南三陸町の「悪しき慣習」の改善へ、町民が取り組む事が、若い世代の選挙への出馬の期待がある中で、世襲・親戚議員の出馬が数十年を続いています。
贈収賄・選挙妨害があり、「おにぎりに現金」「個別訪問の買収」など、お金で人の心を動かす選挙が、現代に置いても続いています。
告発者の話を聴き、妨害者の行動を聴いています。公職選挙法の中で違反者には、禁固・罰金など、罪の代償があります。

町長選挙にあたっては、これまでも現金を運んだとの疑いで、二人が警察で事情を聴かれたものの、嫌疑不十分で不起訴となったと、選挙通の先人より聴き、2000万円で500票が動いて、選挙の大きな結果に繋がったと話しています。
「金で選挙をする!」こんな事がある事を知らなかった私は、新人として人に恥じない選挙に終始してきました。
体調と家庭事情から、友人・知人の迷惑を考えると、二の足を踏み、どうするか今の所未定です。

明るい選挙。町を考える人材輩出となる選挙。を願っています。もう既に選挙運動は始まっています。

町が消滅するかも


町民の何人がこの現状を理解しているだろうか。暇な私はこの危機を旧志津川町の消滅と受け止めている。戸倉地区は4割近い人が町外へ流出し、志津川地区も約8300人から5300人と約3000人が流失し減少率は「37%」にも上る。

仙台市長の奥山氏が今年の市長選挙への立候補しない事を表明した。「65歳」と我が町の首長と同世代だ。若い世代への首長の変換は、次の世代への行政の若返り新改革である。佐藤町長は3月議会の与党の「出馬意向」の問に、9月の町長選挙への出馬を明言した。何も変わらない線路に引かれた道をあと4年続けたいと言う。15年からもう一期となると19年の佐藤政権は、いったい何を我が町の後世に残そうと思っているのか。他の自治体を見ると、議会議長の町長への出馬があるが、そんな行政変革・改変は我が町にはないようた。

人口減少を食い止める為の条件を、島根県立大学の教授は、気仙沼市の合併10周年記念講演で話していた。
一番に出生率「2.07」への向上。2に10代後半から20代前半の流出の削減。3に20前半男女、30代前半の子連れ夫婦、60代前半夫婦を毎年それぞれ80組定住させる。があった。気仙沼の人口約66000人の場合だ。実現しないと20年後に小中学生が半減し、30年後には人口が半減する。と言う。
南三陸町は現在の人口は国政調査の27年約12300人、22年の震災直前の19800人より6600人が減少した。出生率は27年には85人が誕生し「0.6」となる。町の人口減少は危機的な状況にある。
町の対策は「子育て支援の補助金」「医療費・給食費」「入学祝い品」の補助を創設。定住促進を進めているものの、人口減少の歯止めとはなっていない。

一番最後の高台移転「志津川中央区」

170404_095706.jpg
志津川中央区の住宅再建が加速して居る。建設された住宅は他の2地区と比べても、豪邸と言われる機能にとんだ家々が多いと、町中で噂となっている。
子育て施設拠点として「保育所」「公民館」などができ、他に「警察署」「郵便局」「銀行」など、生活するには環境も良い。一番ありがたいのは「ウジエスーパー」が、中央区の国道向かいに7月ごろには完成する。
南三陸町の高齢者にとっては、ベイサイドアリーナや集会所のイベントを楽しみにしているようだ。去年開催の「グランドゴルフ大会」で優勝した首藤さんは、鳥取で開催の全国大会への出場が決まり、意気盛んに今後控える大会に備えていた。希望と夢に向かう元気な高齢者を見た時、まだ負けてられない気持ちとなった。

170404_095641.jpg

170404_095716.jpg

◆18日「南三陸町杯グランドゴルフ大会」が開催され、72人が参加し日頃の練習の成果を競いあった。アトラクションの10mのホールインワン大会もあった。結果①首藤幸吉(志津川) ②佐藤しめ(同)

『22日午前5時59分頃に福島県沖のM7.4の地震が発生し、津波警報が発令された。南三陸町は震度3ながら、名足漁港で50cmの津波が観測された。気仙沼市では漁船が沖出し、沿岸部に緊張が走り、住民生活が一時マヒした。』

◆入谷YES工房の高校・大学などの入学祈願で人気の「ゆめ多幸鎮オクトパス君」の制作が本格化している。今年はメッセージが入れられるなど、新しい製品も登場している。
◆12月から薬剤師による医療や介護などの「まちかど相談窓口」が、気仙沼薬剤師会に加入する各薬局に開設される。
◆戸倉小学校の児童が自分たちで育てた蚕で「繭マスコット」を造り、「安全運転をお願いします。」と国道45号を通過するドライバーに呼び掛け配った。
◆南三陸町は最知副町長や幹部職員と町内の事業所を訪問し、子育てしやすい職場造りをと、取り組みへの協力をお願いした。

南三陸町から結婚したーい(パート2」) 南三陸町からの贈り物(パート2)


努力は報われるはずです。「見あいは一回」「失恋は4回」と自分自身結婚の憧れと、「子どもが欲しい」との想いの中で、女性との出会いを求め行動した。離婚後の30歳ごろから仕事に追われる日々で、結婚式は30歳の時で、直ぐにバツ一ながらその後も女性の出逢いはあった。仲間のゴルフで女性の参戦でも、「結婚アピール」は、色々な人に掛けつづけた。失恋は数えきれない。
とにかく行動あるのみ。
IMG_2567.jpg

のり販売店の老舗として志津川地区で震災前から根強い人気の持ち、年末年始のお歳暮やお盆のお中元としても、多くのお得意さんを持っている。
仙台の私の兄も「千葉のり店の味付けのり・焼き海苔」と、御使い物として重宝している。震災後は工場の再建により、さんさん商店街で新たなファンを作った。前身の志津川仮設商店街でも、被災地に来町されたお客さんが新たに増えた。
製造が間に合わないくらいの人気で、震災後にも私の東京の知人が、贈答品として頂いた「あの味付け海苔が食べたい。」と、贈り物を指定するくらい千葉商店の美味さに驚く。旧店から新しい商店街への間も、「千葉のりさん今どこで販売しているの」と、問い合わせの連絡が来町の方が、私の所に知人が「どこにあるの。」と連絡をよこした。

南三陸町から「志津川、大好き!」の気持ちを二つのブログに込めて発信中です。ぜひ、お会出掛け下さい。
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター