FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

志津川市街地の商店街はできても ほかの場所は赤土のまま


62号11月記事南三陸1
『10月30日三陸道の志津川インターチェンジ(IC)が供用を開始した。開通の式典には安倍首相をはじめ、今村復興大臣が出席した。南三陸町佐藤町長や登米市の布施市長など、関係者400人が出席した。同区内の事業費は約150億円。志津川ICの開通で仙台市までは99分で結ばれ6分ほど短縮される。』

◆南三陸町の産業フェアが開催され、カキやホタテ、養殖銀ザケの刺身の無料試食(200食)に2万5千人が来場した。来町された安倍首相も恒例の「餅まき」に参加した。
◆10月30日戸倉街道方地区内で、付近を通りかかった男性が1.5mのクマを目撃したと、南三陸署に通報した。
◆11月1日に南三陸町の「あさひ幼稚園」の園舎が、ベイサイドアリーナ隣り志津川東地区西工区内(天王山)に完成した。津波で園舎を流出し5回目の引越しを経て再建された。落成式典には工事関係者など30名が出席し、園児は感謝を込め鼓笛演奏を披露した。

170329_135320.jpg

『政府は秋の褒章に気仙沼・本吉地方から、南三陸町細浦の徳性寺住職の辻文生氏(69)が藍綬褒章を受ける。長年の更生保護への尽力が認められた。今回は県内で2人が藍綬褒章に輝いた。』

◆歌津地区の「みなさん館」で、南三陸de芋煮会2016が29日に開催された。東日本大震災の復興支援の感謝と地域ににぎわいをと4年前から開催している。会場では秋ザケや焼きガキ、町内の野菜を使った芋煮が500食準備された。
◆11月1日南三陸・登米署の合同検問を戸倉地区で実施し、無免許1人・免許不携帯3人の、4人が検挙された。


≪≪≪≪≪≪≪≪≪≫
我が志津川市街地の土地も、換地の引き渡しとはなっていない。昨年の暮れには復興整備課の派遣職員から「引き渡し早くなりそうです。」と連絡がきたものの、未だに次の報告が無い。市街地の土地の整備を見ていると、何時の事になるやらと注視している。復興土地整備課も今年度で無くなる。新たな町づくりの行政の体制の変換は、早期整備へと向かっているのか。行政に問い合わせれば良いのだが、快い報告はなさそうだ。私の性格から「怒りの指摘」となる事は見え、あと一か月はおとなしくしていようと思う。
商店街の本設・水産工場の整備など、町にとって必要なのは判るが、私の年齢から「時間はない!」。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター