FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

見えない南三陸町の復興の実態と財政状況


気仙沼市民が市の政策に意見する活動があり、行政の政策に政策変更などの、復興事業の市民目線の、町づくり活動・協議会がある。
行政の意のままでの政策の復興計画への、無関心さが我が町にはみられ、強権政治の横行や、仲間のなれ合い政治とお仲間意識が、住民の生活苦へと繋がっている気がする。町の人口減や過疎化・高齢化が進む。

4月記事 気仙沼1
◆合併後に設置された唐桑町・本吉町の地域協議会は、共に3月をもって廃止される。合併10年間で学校統合など、詔問は1件もないままで、形骨刻化したままで廃止となる。
◆ハローワーク気仙沼の求人倍率は、2月末に4ヶ月ぶりで、2倍を切り「1.7倍」となった。ここにきて新規求職者が増加してきた。
◆気仙沼市の区画整理地区内の災害公営住宅第1号として、幸町住宅で入居を開始する。海抜は3.6~3.9mで、コンクリート造り4棟5階建てで、176戸を整備した。窓からも復興が一望できる。
◆気仙沼市の東稜高校(気仙沼市畠山学園)は、千葉県君津市の翔凛学園に移譲される。職員はそのままで、学校名も維持され経営権が今年から移った。背景には被災地の少子化が影響している。
◆気仙沼市の応援職員は60人足らずで、必要数の8割どまり。
◆気仙沼市の27年度の「震災復興語り部」は、丁寧なガイドが評価され500団体1万3千人が利用した。
◆気仙沼市では水産加工施設の再建の基盤整備が着々と進んでいる。全14区画12haの造成工事は144億円。すでに4施設が着工し、一部の空きは今夏再募集する。
◆気仙沼市は庁内にプロジェクトチームを創り、出生率1.90を目指す。
◆気仙沼市の観光巡回バスの利用は過去最高の3300人となった。
◆気仙沼市の27年度の出生数が過去最低の「324人」になった。死亡者は924人となり、差し引き600人になり、死亡者数は増えた。28年3月末で人口は66330人となり938人減少し、世帯数は26229戸で190世帯増えている。その理由は復興事業者の流入による。
◆キリン絆プロジェクトは、気仙沼のメカジキ普及に「ブランド化の後押し」にと推進委員会に2500万円を支援金として贈った。
◆気仙沼市魚市場で160キロのホンマグロが、1匹230万円で取り引きされた。


スポンサーサイト
プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター