FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

還暦を迎え我が町に想う


気仙沼市の教育長の白幡先生が70歳で後任の齋藤氏に、2期8年の任期を終え退会した。後任は以前に教育委員長だったと言う。昨年の教員委員会改革で、教育委員会の委員長を廃止し、教育長一人体制とする議案が可決し、初めての教育体制で教育環境の充実を図って行く。白幡氏は私が志津川高校時代、22歳で物理の教科の先生だった。私が卒業した後で教頭として再度志津川高校に来た。その後で気仙沼に戻り高校の校長を経て、気仙沼市の教育長として、震災後も子供達の教育や学校の統合問題に取り組んで来た。地元の地を知り尽くした地元出身の教育に精通した人材の登用を図った気仙沼市。現在の教育委員会の今の体制に、町民の一人として、行政の人材の登用に疑問がある。自分の思い通りになる人材の登用が、今の行政にある気がしてならない。
160526_134844.jpg
志津川地区の嵩上げの山根・新井田地区風景と、新井田川が無くなる姿に寂しさを覚えた。子供の頃には、アユ・ドジョウ・トンボが沢山いた川は、天王山側に付け替えとなり、昔の自然が元に帰るまでに、数十年かかる。昔から引き継がれた自然の風景が無くなる事を、これから、その決定が「良かったか?」は住民が、計画を推進した方に住民の意見や投票で訴えるしかない。町ができ自然を破壊して、人の住む場所の確保がいかに自然との共生のない愚かな事かを。ここまでしないと町の再建は出来なのか。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター