FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

志津川市街地の灯りは?


9月の新聞を整理していると、9月定例会の高橋議員の人口減少の問いに町長が答えていた。それによると45年後の志津川の状況が語られていた。「人口は5千人を切る推計にあり、高齢化率は5割を超え、出生数も年間10人程度と見込まれる。」と話していた。
これまでの町の報道に載る45年後の人口は「7200人」と言う。この町長発言の報道を町民はどう見るかだ。「子どもが生まれ45歳になる頃は、住民サービスの低下と同級生も少なくなり、周囲に人はいなくなる。」など危機感から今後移住を考える人もいるだろう。また、「こんな状況からの脱却に町民の奮起を促す。」との意図があるとも思えない。
建前だけの意見ではなくこの厳しい現状の、現実的な自分独自の人口の確保の考えを議会の場で答える事を望むが、議員の皆さんの更なる議論が薄い。国会と同じ三分の二以上の与党体制では当然の結果だろう。
三世代家族の大量流出や、金持ちといわれる人や所得の多い人が、数多くいち早く町外に住宅を建設する中で、震災後の町の取り組みと、町長の町外への発信ばかりで、町民に移住しないよう「地元に残って欲しい」との行動が、町の根幹となる住民維持への活動としての、政策の欠如に理由があると私は思っている。町職員の町外への流出も多く、町の税金で生活の安定を得た公務員までもが、町を捨て生活の場を町外に決めている。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター