FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

合併10年の検証(4)  議会8


 報道では、合併時の議員行動を「特例の主張を保身ともとれる」と掲載する。真摯な議論を避けているのではなく、震災後の活動が出身地域の再建に、自己の生活の再生と共に考えた議員の活動結果と思う。行政と議会の議会審議を見ても、地区民の考えをすい上げ町の震災からの復興に一生懸命だった。行政から出される多くの議案への対応と、工事の進行を迅速にも「町長の採決議案」もあり、議会審議に取り組むも、地域代表の議員としての、何もなくなった地区の再建、町の復興と考えられない以上の事が、議員個々を取り巻いていた事はまちがいではない。
 歌津の遺族の対応に関しても、真剣に議員仲間と会合を持ち、防災庁舎の問題に一人一人の意見をぶつけあい、議論をつくした結果が「早期解体」であり、歌津・志津川の両地域出身の議員の垣根など、どこにも無かった。一番強く思ったのは、行政のトップの町づくりの思惑であり、合併新庁舎建設の問題のように決定した事業への「町のトップの決断力の欠如」と、「将来を見据えた」「町民の終の棲家の整備遅延」「想定外と言い訳をする政治」に、町民が振りまわされているように思う。
(つづく)





スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター