FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

旧高野会館から


震災時の瓦礫焼き場は、色々な変遷を通して、今は高々と山の土取り残土が積まれている。この辺は「親水地区」としての活用がある。築山や自然活用センターなどの、「ビジターセンター」とした人口交流の場所と防災対策現場として、来町者の安全を確保する。築山は200人の津波避難所として、20m高さで整備が進められる。

バスがどうやって防災庁舎まで行くのか? こんな疑問を持ちながら八幡川右岸を通行していた。今日、スタンドで「どう行くの?」と聞くと、「旧高野会館の前の砂利で整備した所から入る。」と教えられた。大型トラックに混じり入ったが、嵩上げの急坂が目の前にそびえ、どこから防災庁舎前に行くかは確認できなかった。
何の看板も無く、「普通車一方通行」とあるだけ。これから市街地の復興の中で、防災庁舎の「県有化」もあり、夏休みの「教育旅行」や「観光支援」の交流人口が増す。しかし、その対策を何も取っていない南三陸町と思う。ホテルや旅行会社にはその通路の情報提供をしているのだろうが、もっと親切で丁寧な案内板をお願いしたいものだ。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター