FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

健康あっての生活


12月の眼の手術・入院の10日間に、自分の会社経営の終了を体感し、生活の見直しを考えた。
網膜剥離手術と手術の経過により左目失明、右目の視力回復の遅れ、さすがに将来展望を見据えての自分の会社経営は、もう終わりと感じた瞬間があった。
3か月にも及ぶ自動車運転の自粛は、廃業思考への主眼となる問題にあった。剣道の子供達への指導も夜の運転ができない状況下で、剣道スポ少の休団を模索した。
DVC00015.jpg
現在は東北大学の先生による2回目の手術により、右目が「0.9」と手術した左が「0.3」まで回復し、視野の拡大と目の瞳孔の開閉も順調に改善に向かっている。普段の生活と新聞の記事の確認など、被災後の1年目の状態に戻った。
血糖値も落ち着き、ヘモグムも「7.9」と低下し、腎臓への影響の尿タンパクも「+」と正常値に近づいた。
DVC00003.jpg
健康な身体があり仕事ができる喜びの中にいる。行政の体質も健全な体制があり、順調な町づくりが出来ると思っている。「健全な身体は健全な肉体に宿る」と言われ、行政の悪の体質改善なしに早期の街造りはできない。
大衡村の村長・村議選挙が昨日告示となった。議員も14人の定員に15人が立候補したが、新人が1人に留まったと言う。地方議会の現状は、政治への参入を周囲に声掛けしても、「支援はできない」と答えが帰って来る。立候補も自己の「行政改革」を訴え、出馬し住民の支持を集めるしかない。村長選には前議員の女性が「セクハラ防止」を訴え、前議長が「誰もが村長に物言える政治」を訴え選挙戦に臨む。
健康があって初めて議員・首長の仕事ができる。自己の「打算」「禁欲」で政治への介入は、住民にとって何のプラスにもならない。
今回の病気は「生活習慣病」として、長い間の自己管理ができなかった自分の性格に起因する。
昨日は歯医者に歯の欠けた治療に行き、帰りお昼ご飯を食べる前に逆の歯が取れた。一日に2本の歯を治療できた。先生に感謝です。

スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター