FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

こども達の心の傷

2011-06-15 08.35.32
「津波のバカヤロウ!」は牡鹿半島の雄勝地区で津波にあった子供の言葉です。
津波により人生が大きく変わった家族のドキュメントを夜中に放送していた。この子供の両親と祖母は津波で亡くなった。今は内陸で祖父と二人暮らしをし、雄勝の海にはあれ以来帰っていない。
親の仕事を継いだ二男の死により、高校教師をしていた長男が、親と弟が海の仕事として選んだ、「銀鮭養殖」の道を弟の為にと生活を一変させた。兄は弟の子供が一番気になっている。甥っ子には雄勝に戻って来てとは、今だに言えなく自分から「帰りたい」と言ってくれるまで、弟の仕事を繋げたいと思っている。希望ながら甥っ子が自分の父の仕事を続けて欲しく、父の頑張って来た「銀鮭養殖」を継いでもらえれば、甥っ子も両親と何処かで繋がるものが出来ると思っている。
この兄の姿に「もらい泣き」をした。家族愛と兄弟愛を感じ、自分に何ができるかと、悩んだ上での決断だったと思う。
津波で生活が一変した人たちを多く知る。何もできない自分がいるが、町の変化を見届ける事も使命と思っている。多くの亡くなられた方々への追悼の気持ちである。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター