FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

広大な街づくり計画 攻めの町開と戦略性で町の再生は 破たんへとならないのか


南町の海の突端にあった土地は、以前「かき剥き場」があったが、この場所は町づくりでボ―トパ―クに生まれ変わると言う。私が観光振興課の係長に、松島を拠点とする観光船で結ぶ観光開発の事業があると、震災から1年目頃に「町で参画してはどうか」と、当時の係長に進言するも、「その提案は町では無理です」とはっきり言われた事を思い出す。議員活動の中で情報収集し、議員として提案した事に一職員の決定は、私が反町長派で職員は県外の人間で、町長が優秀な人材として職員雇用した者と理解していた。我が町には変な風潮があり、町長である自分に反旗を翻す、住民には行政は何もしてはくれなく冷たい。私を含めた厳しい住民の要望を実現には力を尽くそう氏はしない。そう感じた方々の多くが町外に脱出している気がする。私はこの町の復興を最後まで見届け、仕事も命を有る限り町の姿と裏を伝えていきたい。政治とは自分をアピ―ルする場ではなく、本質的には住民生活の再生支援があり、それに合わせた政策をしないといけない。

昨日テレビでもス―パ―建設へと放送していた。行政が流した情報として、震災1年目の12年からス―パ―建設したいと要望するも、被災地に本設をと行政は求め、企業誘致が進まない中で、今回の誘致を自分の力とア―ピルしたのだろう。町民の生活の為と言い、本当は自分の為である事を私は知っている。行政のポ―ズを見逃さないようにしたい。ス―パ―建設の要望が2500名住民からあって、建設は17年である。町が建設支援をすれば13年末には、建設されたと私は思う。

スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター