FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

バックビルディング


九州・四国地方に500ミリ以上の連続降雨による、家の浸水やがけ崩れなど多くの被害が発生した。今年の日本の被害は「バックビルデイング現象」によるものと、被害が発生するごとに伝えられる。自然災害からの人間の被害対策は「避難」するしかない。まして河川域はどんな状況になるか、自然災害の予想は人間には無理という事が解った。
今、朝鮮半島へゆっくり進む台風と、太平洋高気圧の張り出しが弱い事が原因と言う。台風の時計逆回り、高気圧は時計回りで、双方の海水を巻き上げ日本列島に、その間が四国に在り、長時間の豪雨による被害をもたらした。黄色や赤の降雨予想図にはゲリラ豪雨の降雨域が、連続して四国に発生し被害がでた。
先週の仙台での10分間に「9.1ミリ」は、大都会の排水力を越え、道路に溢れていた。山地の給水力も超えるとがけ崩れとなり、少しの油断が個人的にも大被害となる。

最悪の状態の連鎖は大被害となる。被災地でも間違った計画の、改善変更・対策対応など最良の判断力が求められ、それを疎かにすると、将来へ大きなツケが回る事となる。今、進めている計画は後戻りができないかも知れないが、少し計画改善する勇気も必要だ。町民の意向調査の希望減少や、ショッピングモール・福祉モール・病院縮小・役場建設の見直しなど、初来への子供たちにツケの後回しとなる。復興交付金での復興・復旧は予算がでるが、箱物の維持管理費は町の財政から支出となる。

町で生きていく上で、天災・人災の回避を本気で考えていきたい。私の生きていく行動力は正義感でしかない。

スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター