FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

ポスターが今町に必要な事の総て


私はポスターに町再建の必要な物を全部盛り込みました。
掲示ポスターに「顔」「名前」を大きく入れる事は容易いのですが、自分の議員としての取組の全てを表現しました。
「千葉のぶたか後援会」のトップの見開きは前回のもので、議員としてのスタートの原点が海を守る事にあり、幼少の頃も生活は市場の前であり、海との触れ合いの多い生活の中で、志津川湾の光景をバックに配しました。剣道も生活の一部として、スポーツ少年団との子供たちのとの触れ合いの中で、大人になり生きて行くための必要な物を剣道の指導の中で解いていきました。教育・友情の維持は苦しいもあり楽しくものです。それが自分の為であり、家族や仲間の為になる事と教えてきました。これは私への戒めでもあります。
南三陸町の海・山・川・人との絆を大切にして「皆さんと」この町で暮らしたい。被災から再建で必要なものに「買い物弱者対策」「雇用の場確保」で、これには大型スーパーが必要で、嘆願書集めで行政に訴えました。「病院医師招聘」は生活習慣病の増加があり、腎臓機能低下による透析患施設の意思が必要な事からです。
復旧の志津川・歌津の2年7か月の移り変わりの光景、復興の問題点としての防災庁舎、そんな中に黄色く空高く伸びる「ひまわり」は、震災からの再建で「町民の皆さんと笑顔の花を咲かせましょう」が、昔の町の再生は賑わいの町民みなさん笑顔が、また生まれる事への願いです。町の移り変わる再建の姿を、仮設で暮らす町民の方々に伝える事で、南三陸への帰還の気持ちを失う事なく、仮設での生活に造成での生活の場確保まで耐えての気持ちです。早期の実現へ議員として何回も一日も早くと訴えてまいります。
「千葉のぶたか・千葉印刷・千葉のぶたか」の選挙活動のフレーズは、私も会社も南三陸町と共に歩みたいがあります。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター