FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

大型スーパーと高齢者の足


27年に御前下地区に震災前にあった「ウジエスーパー」が出店を予定している。個人の事業者が被災地で再建するためには、行政の協力なしに建設は難しい。議会で買い物弱者ならず被災者の買い物の場の確保を訴えた。選択肢のない品数・生鮮野菜などの、食に大切な物のビタミン不足がある。その改善にスーパー支援を質問した。
町長は「勝手に建てて下さい」との言い方で、「海に近い10メートルの盛り土の土地に本設をお願いしたい」と話した。この場所は河川堤防と高台移転地3カ所を結ぶ「高台横断道路」の係わりもあり、今直ぐの建設は難しいのは判るが、労働の場・商品多様化・選択の自由など、買い物には欠かせないスーパーの特性の買い物ができない。行政が町民の要望を叶えようとしない現状に、トップの個人的政策の横行の部分が見え隠れする。
水尻川の水門は国の復旧工事の期間5年があり、河川堤防・防潮堤も含めた防災工事は残り、2年3か月で終わるだろう。28年2月がその期限と思う。これと密接な大型スーパー開店の関係がある。
スポンサーサイト



プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター