FC2ブログ

 「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

南三陸町の津波の歴史に学ぶ


6月25日のブログより
朝5時過ぎに千葉県沖を震源とした「M6」を越える「震度5弱」の地震が発生した。「津波の心配はない!」と言う。この報道が大震災後の地震後に報道が伝える。「オオカミが来たぞ!?」のフレーズと同じで、どうせ来ないとの疑心暗鬼の状態となる。日本に発生する津波は、私が性をなし昭和35年の「チリ津波」から2011年の「東日本大震災」まででも、4から5回の津波が日本に到達している。数は少ないが日々の意識の持ちようだと思う。
海抜25mもある高台に暮らし、地震後の津波の心配と避難意識が薄くなっている。津波シュミレーションの日本の予想でも、その地域の住民は常に不安を持つ。私は「震度6強」で日本周辺の海溝での地震の時は、「津波発生」を想定した方が良い。「震度5程度」では津波は来ないか、来ても海岸以外は安全と思っている。家族で大人が子供を守る判断と行動が大切と思う。

今年の10月の「祈念公園」のオープンが迫っている。工事は順調に進んでいるようだ。町長は「コロナが終息しなくても予定どおり開園する」と断言した。本当にこれで良いのかと思う。仙台で終息後3人目の感染者がでた。東京でも55人で、全国でも「96人」と増えている。新型コロナ感染症から、住民と観光客を守る体制を宜しくお願いしたい。私の質問でも我が道を行く、議員の提案と忠告に耳を貸そうとはしない、強行・強権な発言ばかりが耳に残っている。


スポンサーサイト



コロナ渦の中で


《議員に発言に思う》
もう一つ私にとっては疑問の発言があった。一人の議員が「町長自ら緊急事態の解消となり、飲食の推進を職員含めてするべきでは」「町の海水浴の海開きをするべき」など、町長への要望を語った。その答えは「海水浴場は今月に協議し決定する」、「少しずつ様子を見て進めたい」と、まるで議会の意見のような発言に、聴いている人は感じるかもしれない。
私は「今年は海開きを中止」、「夜の職員の飲み会」は、世間の状況の中で、都会の状況とは違い、自然のコロナ終息の流れにまかせるべきと思う。まさに「拙速!」と感じた。色々な議論を否定するものではない。発言は自由だが、町民の受け止め方しだいだろう。

「観光立町」をめざし交流人口拡大を推進する、町長にとっては追い風となる発言だろう。少し言わせた感はないだろうか。

17日の新聞に、東松島市の「月浜海水浴場」は県内初で、海開きを決定した。


登米市の地産地消策


6月定例会の私の町長への質問は、歌津地区に「海水浴場の再建」と、「世界最古のギョリュウの化石の展示場を」の、町営での整備ながら、町長は頑なにこれまでどおりの答弁で、「何処に海水浴場の出来る場所があるのか」と、町長からの「反問権」を発動した。それに対し私は「町では海水浴場が無くなって海水浴のできる場所を調査したのか」と再度質問をぶつけた。議場が混乱したのは言うまでもない。「コロナ問題」「歌津の賑わいを」の2件の質問に対し、時間を越え90分の質問を終えた。質問は8割ぐらいに留まった。また議員としての活動を全うした。

一般質問は終わった、首長の余裕を持つ答弁に、町の政治の衰退を感じる。議員たちが考える「提案」「要望」に、できない事に理解を、これまで色々とやってきたと言う。「やって来た感」の発言に始終した。
選挙は令和3年10月と、あと1年4か月余りとなった。町長支持議員が、これまで選挙が近くなると「次期選挙の考えは」と一般質問で、これまで現場に居て2回も聴いた。今回は私が来年の選挙への出場はと聞いた。まだ考えていないと言い、その意欲がにじみ出ていた。
今日もコロナ対策の補正予算がある。コロナだから何でも許せる訳もなく、言う事は言わせてもらいたい。補正に反対はしないが、言う事は言いたい。


任期の満了まで1.5年 石破氏に


日曜討論を今日も見た、西村経済再生担当大臣の言葉はいつも同じに聞こえてくる。加藤厚労大臣の話も言って無いとか、検査体制の拡充、感染症専門委員からの提案と知見を聴き判断すると言い。総理の検事生の法改正も、「森友」「加計」「桜の会」等の、公文書の改ざんや官僚との忖度の中で、自殺者がでたり、国民側に立っていない感が強い。政治のトップが子供達の「なりたい人」から消え、何かずるい事をすると「アベ総理を引き合いにする」など、情けない日本政治がまかり通っている。
39の都市に緊急事態宣言解除となり、経済を早く戻す流れが経済復活となるが、コロナは決して終息はしていない。スペイン風邪で4千万~1億人が亡くなった過去の感染症を人類は忘れている。スペイン風邪は感染の2波で日本でも「35万人」が亡くなったと言う事実を思えば、コロナ感染症は今後も気を緩める事無く、第二波に備えた経済の再建と、再度感染拡大にならないよう、「抗原検査」と「PCR検査」で、日本国民の感染結果の把握が必要だ。

夕方に又、総理の記者会見が30分以上もメディアが放送した。私は予定どおり見ない事を実行した。「緊急時邸宣言」で外出自粛が全国で実施され、1か月半で感染者は確かに減少した。しかし、この経済の低迷からの脱却は厳しく、1年2年で元の状態にもどるには難しい。2波のコロナ感染は今後も発生する。いま政府で大丈夫? 
国の色々な国民や零細・中小企業や個人事業者への支援、個人の生活の確保に現金10万円を、全国民に給付する。「12兆円」を超える救済事業を皮切りに、事業の存続と従業員の維持のため、個人の店の休業にも、あらゆるメニューで支援・補助・助成を、国・自治体が支援金を出す。
しかし、全てに万遍なく支援されるかと言うと、これから外れる人達の生活の困窮がある。「生活保護家庭の増加」「自殺の増加」が予想され、これでも最後は子供達にしわ寄せがくる。
「アベノマス」には総理の救済策としてはお粗末すぎる。現在は回収し「検品中」ながら、新たに8億の資金がかかると言う。466億円からさらにである。これが今の日本のトップに君臨し、それに代わる人材はいないようだ。国民が選んだ現与党、政府の政策に文句は言えないだろう。多くの独裁的強健な政治により、何人もの国民が自殺し苦しんでいる。こんな事は総理の眼中と、財務大臣には無いようだ。裕福な世襲の財産家が、中央や地方の政治に影響力を持つ。

「アベノマスク」は5月17日現在、今もまだ郵送で届いていない。


コロナ発生から2か月が経つのにまだマイクが無いなんて


西村経済再生担当大臣の側近の内閣府職員のコロナ発症で、濃厚接触者として大臣が隔離された。あれから一週間立たない内に復帰した。「PCR検査」で陰性となったからで、それに対して検査をなかなか受けられない人達から、「要人だから!」と批判がツイッターで報じられている。コロナ対策の中心人物、事業・個人の生活支援の先頭に立ち政策を策定している。その辺は理解してあげたい。

昨日の議会全員協議会で、町のコロナ対策が議論された。「10万円の給付」は早急に、手続きを簡素化して、など町への多くの注文があった。「マスク対策」は、2か月前から「マスクが無い」と言い続け、病院・学校・保育所・福祉施設には町外からの支援があると言う。佐藤町長は地元の業者に「1750枚」を「500円」で制作を頼んだと言う。配布先は学校などと言っていたが、最後の追求に「役場職員」へだと言う。町民との接客の中で「感染防止策」だと言う。まるで「アベノマスク」のようなことが、南三陸町でも起こっていた。

商店主の売り上げ減少や、住民のコロナ不安対策に、しっかり取り組む事が大事で、ホテル・民泊の来客は、全国でも「94%マイナス」と言う、危機的現状となり、今後どこまで問題が続くかわからない中で、政府も自治体も、目の前の経済の不安もあるが、国民の命あってこそと思う。100年前の「スペイン風邪」は一波から三波まで3年もかかり、感染が蔓延し終息したと言う。スェーデンも国民の蔓延での終息を図っている。リスクは大ながら政府の決断によるもので、過去の感染症に学んでの対策と思う。当時の日本の人口は5500人で、35万人が亡くなったと言う。過去の事例から学びとる事も、安倍総理にお願いしたい。


プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター