「友だち作戦」はアメリカ軍が大震災で南三陸町などの被災地救助にとった救援活動名です。全世界、全国からの支援により、南三陸町は復旧復興への道を歩んでいます。南三陸町のみなさんは全てが友達であり一体となり、喜び、苦しみ、悲しみを共有しながら、共に南三陸町で今後も生活して行きたいと思っています。

町民のための議員としての原点はここから

2009年10月の選挙

2013年10月27日町議選挙
286票 次点(18人中17人目)

町長の商工会会員の為の「道の駅構想」に反対する!


志津川市街地の再建は、「さんさん商店街」と「南三陸道の駅」を別の場所に建設する事を提案したい。志津川市街地には回遊性を生み、相乗効果により交流人口の拡大を図る。また、南三陸町の一次産業の生産者を前面にだし、地区民が地元の生産物を格安に買え、その良さを実感でき、故郷の恵みを誇れる地域性を生み出す。
下記の諸々の状況を考え、さんさん商店街と一体した「南三陸道の駅」に反対します。「伝承館」は商店街に建設しても良いだろうが、その活用は順調にはいかない気がする。

≪道の駅構想と伝承館の計画について》
・基本計画のプロポーザル(公募)を住民の公開の場で
・道の駅のパブリックコメント(住民意見)を多くの住民意見が集まるように
・1000㎡の道の駅スペースに「400㎡」の伝承館の在り方
・石巻の防災センターを見て町の震災風化防止の施設として妥当か
・兵庫県の「防災センター」から学ぶ物は
・農家・漁業者を「南三陸道の駅」の運営の加えるべき
・復興祈念公園内の「防災庁舎」を見られる伝承館に
・プロポーザルは町外からの関係者との利害が無い登用を
・プロポーザル震災は町外から3人と町職員3人の6人に謝金「6.3万円」は
・震災伝承館基本設計委託料の「450万円」の妥当性
・商店街の道路の濃く雑の解消策は
・伝承館に町を呑込んだ「16m」の津波を理解できる施設内容に
・さんさん商店街は民間の経営で行政が介入し過ぎでは

などを考慮した南三陸町の「道の駅」を建設すべきと考えます。


スポンサーサイト

神聖な議場の場は何処へ


南三陸町の6月定例議会の18日最終日に異様な事態は起こった。

最終議案の審議の、女性議員の質問に、町長・幅町長の質問議員へのヤジが一緒に飛んだ。質問議員は同様を隠せなかった。その時に若い議員に手で「マアマア」と宥める姿に、私は唖然とした。

私も新しい農業委員会委員の認定の議案で、町内のホテルへの応援ボランティアとして26年に南三陸町入った女性の候補者について、当局へ質問しようと思っていた。「非営利」の委員も枠にはあり、私も「農業者の資格無くして農業委員のなれるのか」と、質問の準備をしていた矢先の議場の事態だった。この執行部の反応から、町の後押しがあると私は感じ取ったが、どうだろう?

16名の農業委員の枠があり、委員への立候補も9人しかなく、4分の3の委員でも委員会運営できる旨の、事前の説明を執行部から頂いた。
私は若い女性の委員会への参画は大賛成であり、どんな活躍をしてくれるか楽しみである。「農業委員」の活動は今後も注視しなから見ていきたい。

しかし、議場での執行部の言動・行動と、議員に宥められる光景は、面白おかしく私の目には映った。議場での「おごり」「強権」「勘違い」の成せる業であると私は感じた。神聖な議場での真剣なやり取りがあるべきで、執行部の長として、堂々と議員の質問に対峙して欲しいものだ。

30年6月定例議会 12日一般質問トップ


戸倉地区の活性化について

(1)陸前戸倉駅のBRTの乗客増加の取り組みは。
(2)戸倉公民館の自然活用センターの利用・内容の拡大への対策は。また、自然活用センターの水産物の研究や、新しいブランドの水産物の開発の取り組みは。
(3)ビジターセンターの戸倉地区での活用は。
(4)戸倉団地の空き区画地の改善をどうしていくのか。
(5)三陸道の延伸により町への来場者が、逆ストロー現象で増加していると町長は言うがその根拠は。

今だに仮設には町民が暮らしているのに


災害公営住宅の家賃軽減や、被災者医療費の一部負担金の免除の継続と復活を陳情が審議された。宮城県知事と後期高齢者広域連合長への陳情書の内容精査と、採択するかが議論された。
町の財源支出と税収の減に関わる問題で、慎重審議が委員により成された。私は生活困窮者が多かれ少なかれ町民にはいる事で、ピンポイントでの救済策が必要と思う。町・県・国に町議会から要望書を提出しても、陳情が町から県に行ったとしても、再度審議が県議会で議論され、県の支出と財源を考慮し、国への交付金を求める事になるだろう。

もう一件は「高野会館の保存」だ。震災復興祈念公園の縮小により、会館は区域外になり「道線」の確保ができないとの危機感から、現在所有するホテルが請願書をだした。参考人として「南三陸ホテル観洋」の幅社長が出席し、遺構としての価値と観光客の安全性確保を語った。請願者は「ホテルの維持費の要望ではなく、施設までの安全な道路整備」をと請願で求めた。
私は多くの町民が助かった場所であり、高野会館は貴重な震災遺構であり、「反対する理由はない。」と会議で語った。行政のトップのホテルへの理解は、幹部職員も欠如していると言う。「町が一丸となって!」は、まやかしの発言で、行政の事しか考えてないと私は感じる。

被災地の町や国での理不尽な事が起こり「寂しい日本の夕日」に見えた。こんな我が町が透けて見えてくる。これまで町を支えた高齢者や、どんな理由があるのか生活困窮者を助ける、「優しい町」への創生は、今の体制では難しく、町民にも余裕がないのが実態だろう。

小さな町の大きな図書館「安八町」


南三陸町に「生涯学習センター」が平成30年度中に完成する。それを前に図書施設の全国でも有名な、岐阜県安八町の「ハートピア安八」を、民生特別委員会で調査に行った。
蔵書は一般書・児童書、132155冊、AV資料(VTR・DVD・CD)、5416で、合計137568冊。建設費の合計は24億5千万円だった。多くの第企業の誘致があり、財政的に余裕がありそうだが、箱物としての維持費の負担が大きくならない対策も講じている。

広々とした図書館と緑に包まれた施設は、規模と言い環境と言い、余りの大きさと施設内容に驚かされた。施設には子供達と親を集める事に着目し、プラネタリュームや天文台を整備する。図書施設は蔵書も去るものながら、DVDも貯蔵し、テレビ室・パソコン室など、多くの本に興味をもってもらい、何度も若者が子どもと一緒に訪れる環境が整っていた。
図書館内はその配列を、専門家への管理委託制度に任せずに、これまで図書施設に係って来た方が、これまでにない図書館の在り方にこだわり整備したと言う。

約15000人の町ながら、岐阜県の隣あう市からの入館者も受け入れ、町民と同等の数を受け入れて来た。隣の役場の駐車場を含めた、大きな駐車場は無料で、気兼ねなく何度も来館できるようにした。貸し出しも一回10冊までとし、幼児などの子どもの見る絵本も充実していた。

クロウバーの芝生では子供が遊び、大きな木も点在し子供達が木登りをする姿に、生き生きとした図書施設と感じる。一角には自然の水の沸き泉もあり、町民が酌みに来る方で賑わっていた。
玄関には町民の「足型」「手形」のタイルが周囲を取り巻き、町民で造った「私達の図書館」と言った感じだ。ここまでの設備は我が町では、敷地面積と予算などはなく、他にない案を、狭い公民館と図書館に英知を尽くしての整備が必要だと感じた。
多くの人達に利用してもらい、貸出業務を主体とし、何度も子供達とその親に本の良さを知ってもらいたい。そんな構想の元に建設された。1万5千人の町で、教育に力を入れ、のびのびと子育て世帯が育む町を目指していた。

プロフィール

千葉のぶたか

Author:千葉のぶたか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
アクセスカウンター